地元グルメを唸らせる、瀬戸内の新鮮な魚と職人の技が光る名物鮨店。

立派な天然木の看板や、渋柿の巨木を磨き上げた柱と梁に趣と風格が漂う店構え。初代・丹甫長弘さんが明石の老舗寿司店で20年修業を積んだ後、昭和60年頃に開いたお店です。現在は二代目の弘樹さんが、弟さんや職人さんとともにしっかりとその味を守っています。

瀬戸内の魚を中心に一級のネタを用意。予算は平均1人1万円程度が目安。季節ごとの旬魚、その日獲れたての明石の白身魚や、穴子と新香と大葉を刻んで盛る人気メニュー「しんこ付出し」などがおすすめ。四季折々の旬の魚介に、最大限においしさを引き出す鮨職人の味は地元のグルメたちを唸らせます。座席はカウンター17席とテーブル席、座敷席が2つある。土曜の夜は大変混み合うので、忘れず予約を。

\ 店主から一言!/

コメント準備中です

Information

すし丹甫
  • 所在地
    明石市本町1-12-18
  • TEL
    078-913-2066
  • WEB
  • 営業時間

    11:00~14:00(L.O 13:30)
    17:00~21:00(L.O 20:30)

  • 定休日
    月曜